二之丸史跡庭園に関すること

庭園の敷地面積は?
1.6ヘクタール(1万6000平方メートル)約4840坪
東京ドームグラウンド(甲子園も同じ広さ)の1.23 倍です。
開園はいつですか?
平成4年5月2日に開園されました。平成元年10月より3年を費やし、総工費16億円をかけて整備されました。
当時の二之丸御殿の畳は全部で何畳くらいありましたか?
部屋の畳数は約850畳、畳廊下は約220畳くらいです。総部屋数は約60です。
(詳しい資料は無く、幕末期の二之丸平面図と鳥撤復元図を参考にしています。)
大井戸の水はどこからきてますか?
松山城山の雨水が大井戸に流れて湧き出ていると思われます。
当時の二之丸御殿には何人くらいの人がいましたか?
藩主、家老、側役、小姓4人、側医師、側室、奥向き女中、番所詰役人などが居たようです。
その他、黒門、栂門(つがもん)、槻門(けやき)にも交代で勤めていた家臣が多数いたようです。
通いの者や常駐の者が居り、正確な人数はわかりません。
二之丸御殿の完成はいつですか?
松山城を含む二之丸が完成したのは、二代目蒲生忠知の時代(1627年から1634年)とされています。
御帳台ってなんですか?
平安時代には、帳台(ちょうだい)は貴人の座所や寝所としておかれた8尺四方のテント型の目隠しであったようです。
江戸時代になり、地位権力を象徴した装飾的なものとして、身分格差を誇示する為のものになりました。
大書院は何に使われましたか?
御殿で最も重要な公式儀礼を催す部屋。
新年の年賀や学問の講義や能・仕舞・連歌会などの行事が行われていたようです。
園内にある柑橘類はどうするのですか?
圏内の柑橘類としてはデコポン、ポンカン、ネーブル、伊予柑、小みかん、セトカカラーマンダリン、ユズ、スダチ、キンカン、レモン、ザボン、温州みかんなどがあります。
収穫した柑橘は食べごろになりましたら、入場券売り場や北門前の腰掛において、入園された皆様に召し上がって頂いています。
園内を一回りするのにかかる時間は?
立ち止まらずに歩かれるだけでしたら、15分程で一回りできると思います。
自動音声を聞かれたり、勝山亭に行かれたり、各所の説明文などを読まれたりしますと大体、40分くらいはかかると思います。
見どころはどこでしょう?
勝山亭から望む庭園全体の景色や、屋内にある大井戸は防火用としてこのような大規模なものは全国的に珍しく日本一の大きさの井戸です。
また、緊楽亭の縁側に座って見上げるお城はお勧めの景色です。
二之丸御殿が使われていた期間は?
1687年に三之丸に御殿が完成し城主の生活や政務は二之丸から三之丸邸に移り、その後の二之丸邸はお世継ぎの方のお屋敷として使われたと思われます。
庭園から見えるお城の建物を教えてください。
向かって一番左は小天守、真ん中は馬具櫓、右は太鼓櫓です。
庭園案内図にも記載してます。
当時の二之丸の玄関はどこですか?
二之丸御殿の正門は、北側の四足門(庭園地図参照)です。四足門をくぐり、番所や腰掛けを右に、塀重門を左に見て進むと玄関に通じます。この玄関を入り、左に庭を眺めながら縁側を進むと、御歩行番所や御広間、書院など、表御殿の公式儀礼の間が並んでいます。
藩主に謁見する人はどんなふうにしていたのですか?
まず、公的な来客の場合、御広間に通されます。
ここは現在の応接室のような役割の部屋で、35畳と21畳の二部屋がありました。そこで謁見の順番が来ると、奥の大書院へと案内されます。
滝は本物ですか?
当庭園では、滝はポンプ循環式になっております。
滝は白猪の滝、流れは滑床渓谷をモデルにしています。
石は、御荘から取り寄せております。
展示模型での加藤嘉明のルビについて、「よしあきら」ではなく「よしあき」と統一されているのは何故ですか?
どちらでも呼び方に間違いないようです。
歴史辞典などによりますと、全国的にはよしあきの方が通り易いようですが(加藤家譜においてもよしあき)松山、あるいは四国地方などでは読み癖としてよしあきらと呼んでいるようです。
二之丸史跡庭園を造った背景は?
松山市制百周年記念事業の一環として整備されました。
昭和59年、発掘調査の結果江戸期における貴重な遺構群が検出されました。
この文化的に貴重な遺構を保護し、保管すると共に訪れる人々の「やすらぎの空間」となるように造られました。
多聞櫓、緊楽亭に雨樋(とい)がないのはなぜですか?
代わりに建物の裾に溝を堀り雨水処理をしています。
建物に近い内部は防水のため石の高さを高くし外部の方を低い構造としています。
茶室利用について
茶室の使用予約は、毎月1日から一年後の同月末日まで受付致します。
例:平成26年11月に使用されたい方は、平成25年11月1日より予約ができます。
予約は電話にて承りますが、事前につばきネット(松山市公共施設案内・予約システム)の登録が必要です。

その他のご質問

正岡子規の句である「春や昔 十五万石の 城下哉」の十五万石の意味を教えてください。
十五万石とは石高のことです。一石は当時の大人1人が1年間に食べる米の量のことで、約150kgと言われており、土地の生産力(収益性)を表す単位です。「文化年間(1810年頃)の米の物価を現代に当てはめた場合、一石は約4万5千円である」という説によれば、当時、松山藩は年間に67億5千万円の収益性を持っていたことになります(実際には天候等自然条件に大きく左右されました)。なお、この句碑はJR松山駅前と子規記念博物館南側遊歩道にあります。
近くに交番はありますか?
伊予鉄道の「大街道」電停北東付近のタクシー乗り場隣に交番があります。
観光パンフレットを送ってもらいたいのですが?
松山城は市有施設のため、観光パンフレットは松山市観光・国際交流課(TEL:089-948-6556)が送付しています。発送は随時行っていますが、到着指定はできませんので、あらかじめご了承ください。なお、市内の方は取りに来ていただくことになります。
登り石垣はどこから見えますか?
県庁道上り口からの登城道をお城に上がると、左側に見え隠れします。
登り石垣の長さは230メートル以上で日本一の長さを誇ります。
本丸・二之丸・三之丸はいつどのようにしてできたのですか?
1601年加藤嘉明は家康に築城の許可を得て、本丸・二之丸・三之丸の位置を決定。翌年から築城を開始しました。
それと同時に本丸(松山城天守)の西側山腹、海抜39mの高さを整えその外周に堀を作って武家屋敷を設けました。
二之丸史跡庭園のスタンプが何故、徳川葵の紋ですか?
松平康元、勝俊、定勝(三代目城主松平定行の父)は家康の異父弟であるため徳川家康より松平姓と三ツ葉葵紋を賜りました。

みどころ&Topics

松山城マスコットキャラクター「よしあきくん」について紹介。
お散歩カレンダーはこちら
松山城ウォーキングコース
松山城で健康づくり!ウォーキングやジョギングはいかがですか?
絶景ポイント
スタッフがおススメする絶景スポットを紹介!
松山城の夜景
松山城山頂からの夜景のご紹介。
 
観光交流ホール・会議室
観光交流ホール・会議室のご利用はこちら。
来て見て知って、もっと松山城発信局
松山城スタッフブログ。最新の情報はこちらから!
松山城周辺観光案内
坂の上の雲ミュージアムや道後温泉へのアクセスはこちらを参考に。